ビーチ(グアム)

ガンビーチ。2度目のグアムに必ず行って欲しいビーチの紹介。

更新日:

グアムに行った時にはほとんどの方がビーチで遊んだり、海でシュノーケリングをしたりといった計画を立てますよね?

グアムと言ったらタモンビーチにイパオビーチ。でも他にも綺麗で安心して遊べてアクセスの良いビーチはないのかな?なんて思うのではないでしょうか!

他のグアム情報発信サイトよりもちょっとだけ詳しく
「グアムのいいもの、いい場所を伝えたい。」~Link Guam~
ということで、今回紹介する「グアムのいい場所」はグアムで穴場的なビーチとして人気のある「ガンビーチ」の情報について紹介していきます!

このような流れで紹介していきますのでぜひグアム旅行の参考にしてもらえたら幸いです!

ガンビーチ(GunBeach)とは


グアム島のタモン湾北端に位置するグアム島の穴場なパブリックビーチです。

ガンビーチは人が少なく、グアムの自然を存分に感じることのできるビーチになっています。

では、ガンビーチがどのようなビーチかについて見てみましょう!

ガンビーチ(Gun Beach)名前の由来


Gun⁈ビーチの名称について物騒な名前だと思った方は多いのでは?

しかし心配は無用になっていますので安心してください!

では、まずはガンビーチの由来について知っておきましょう。

ガンビーチには第二次世界大戦中に旧日本軍が設置した砲台がビーチの端の方に残っていることに由来しています。

現在ガンビーチで銃の問題があるとかそういうわけではないので安心しましょう!

ガンビーチはとても穏やかなグアムのビーチです。

ガンビーチの特徴とおすすめ

グアム ガンビーチ
ガンビーチの基本情報や特徴、私のガンビーチに行った経験などからガンビーチに行くのなら知っておいた方が良いと感じたおすすめの情報を紹介しておきます。

 

海の透明度が高い

グアムの海全体に言えることですが、ガンビーチのエリアにおける海の透明度はかなり高めです。シュノーケルリングや水中メガネで少し海中を覗けば簡単に海の底が見えるでしょう!

 

浅めで石のゴツゴツ感がアリ


ガンビーチの浅瀬はタモンビーチのような白砂感はなく、少し足元に石や大粒の珊瑚の死骸のゴツゴツ感を感じます。またビーチに近い場所の水深は深くなく珊瑚も少ないのでビーチ沿いでの遊泳よりも少し沖に出るか、最もガンビーチの北端よりがおすすめです。

 

ガンビーチは人が少ない

場所的にもタモン湾の北端にあたる場所のためか、ガンビーチに来る方といえばホテル日航グアムの宿泊者か、ザ・ビーチに遊びに来ている方くらいでしょう!

ゆっくり海辺で佇みたいかたにはかなりおすすめのビーチです!

※地元の方が家族連れでゆっくりしていますので週末は人が多めの傾向です。

 

サンセットにベストな場所

グアム ガンビーチ
グアムで絶対に綺麗な夕陽を見たい!という方にはこのガンビーチで夕陽を眺めることをおすすめします!

このビーチからならほとんどの季節でしっかりとグアムの美ら海に沈む理想的なサンセットが観られます。

トイレなど、何かあればホテル日航が目の前と近いので大変便利ですし暗くなってきても安心してサンセットが見れるでしょう!

釣り


よくガンビーチで釣りはできるのか?という質問を耳にします。ガンビーチで釣りをしようと考えているかたは多いのですね。

答えは時間により釣りをしてもいいのではないか⁈という感じです。

というのも2013年頃までのガンビーチにはザ・ビーチなどのバーもなく、グアムの浜辺の原風景を感じれるような雰囲気で人の気配のない感じでしたが、現在はザ・ビーチの営業によるものか人をよく見かけるビーチになっています。

ルアーを使った釣りなどは人がいる場合危険ですし、現在のガンビーチは釣りをしづらい雰囲気ですので、どうしてもガンビーチで釣りをしたいという方は早朝のあまり人がいない時間帯がいいでしょう!

ガンビーチはポイントにより浅いのでロスして凹まないようにトップ系かロスとしてもよいワームなどがおすすめです。

※私の経験から北側の崖あたりにルアーを落とすといいです。透明度が高いのでルアーを追う魚ちゃんが丸見えで興奮します♡

ナマコ


見た目といい触れてしまった時の感触といい苦手な方も多いナマコですがタモンビーチやイパオビーチに比べたら、ガンビーチにはそんなに多くのナマコはいない感じがします。

時季により差があるのかもしれませんが私が数回ガンビーチを訪れた経験(主に春や秋)ではガンビーチにナマコは少ない印象です。

グアムの海は大好きだけどナマコがどうしても苦手だ!って方にはぜひいいのでは?

ガンビーチでのシュノーケリング

グアムでのビーチ遊びと言えば、シュノーケリングですよね♡

繰り返しになりますが、ガンビーチでは魚の存在感は少し控えめで、グアムで有名なシュノーケリングスポットであるイパオビーチの方がはるかに多い印象を受けます!

ガンビーチの海は浜辺に近い場所ではそんなに多くの魚は見られません。繰り返しですがビーチに近い場所では水深が浅めで珊瑚もあまりないので子供を連れてシュノーケリングでたくさんお魚を見たい!という方にはあまり向いていないです。

ライフセーバーのいるイパオビーチの方がベターしょう。

シャワーや着替え、トイレ

ガンビーチで遊ぶ時に気になるのが海で遊んだあとのシャワーや着替えではないでしょうか?ガンビーチで遊ぶのならこちらの施設で利用することができます。

ザ・ビーチにトイレあり


 

 

ホテル日航グアム

お金はかかりますが、どうしてもガンビーチで遊んだ後にシャワーや着替えをしたいという方はホテル日航のプールをビジター利用するのがいでしょう。

詳細はこちらで最新の情報を確認していきましょう!
ホテル日航グアムの詳細情報

次は少し分かりにくいガンビーチへの場所と行き方についてです。

 

ガンビーチの場所

 

繰り返しになりますが、グアム島のタモン湾の最も北の場所に位置しています。

 

 

ガンビーチへの行き方を紹介


少し分かりづらい印象を持っている方が非常に多いガンビーチへの行き方について紹介します。

ホテル日航グアムに宿泊していない方の場合、ガンビーチに行く多くの方はシャトルバスで行くかレンタカーで行くという2パターンでしょう。

バスとレンタカーそれぞれについて紹介しておきます!

バスで行く場合

バスで行こうと考えている方はホテル日航グアムの停車場で降りましょう。

1.降りたらホテル日航内に入りそのままプールの方へと向かいます。

2.プールに出ると海が目の前に現れます。そのままビーチに出て北(海を正面にして右手)に進みます!

3.少しビーチを歩くとタモン湾の北端であるビーチの終わりが見えますこの辺りがガンビーチになります!

※ガンビーチの名前の由来である旧日本軍の砲台はビーチの最も北側にあります。歴史的にも重要なものなので是非ご覧ください。

 

レンタカーで行く場合

ホテル日航グアムをとりあえず目指せば着きます。 

ホテル日航グアムを通り過ぎて少しするとこのようなガンビーチへと続く道へのゲートが現れます!

ザ・ビーチの看板も見えますね。このまま綺麗に舗装された道を行けばガンビーチに到着です!

ガンビーチはレンタカーでも進入して行ってもいいの?駐車場はあるの?って気になりますね。

大丈夫です!駐車する場所もありますし、ゲートがありますが進入出来ます。

The Beach(ザ ビーチ)に駐車

ザ・ビーチまで行き、ここの駐車場に車を停めるのが1番近いでしょう!喉が渇けばドリンクも飲めますしいいですよね。ガンビーチはもう目の前です!

※以前はガンビーチまでの道路の舗装はかなり過酷な道でしたがザ ビーチがオープンしてからはレンタカーでも安心して進入できます。ビーチに駐車することが不安な方はホテル日航グアムの駐車場から歩きましょう。

ホテル日航グアムに駐車

ホテル日航グアムの駐車場に駐車しましょう。ガンビーチへの出方はバスで行く場合と同じになります!
※プールのビジター利用やホテル日航グアムでランチしてからガンビーチをちょっと覗いてみようという方におすすめです!駐車するからには何かしらのサービスを受けましょう。

 

ガンビーチは危険?注意すること

グアム ガンビーチ

ガンビーチはどのような雰囲気で治安はどうなのかなんてことが気になったりしますね。ガンビーチの雰囲気や治安、ガンビーチで遊ぶ際の持ち物についてみてみましょう。

ガンビーチの雰囲気


とても落ちついた雰囲気のビーチで海やビーチの視界も開けていますので子供がいても安心して遊ぶことができます。

ガンビーチの隣ではザ・ビーチが営業していますので夕暮れ後のガンビーチも怖くありません♡

ガンビーチの治安

日中のビーチや海で遊ぶことに関しては治安という点を全く気にする必要はありません!安心して遊びましょう!

気をつけること

安心して遊ぶことができると分かっていても注意しなければならないことが何点かあります。

・レンタカーで行く方は注意
車上荒らしには注意。グアム全般に言えることですが車両に貴重品を含め、荷物などは車内に何も置いておかないこと。

絶対に海に遊びに行く際はホテルから貴重品は持ち出さないということを守りましょう♡

 

ガンビーチに持っていきたい持ち物

ガンビーチで遊ぶ際に持って行くといいものについて何点かあげておきますので参考にしてください。

ガンビーチでは日陰が少ないので帽子をかぶったり、日焼け止めの使用をおすすめします。バスタオルも日焼け対策にかなり有効です。

遊び用

ガンビーチで遊ぶ際にあるといいものを紹介しておきます!

どれもグアムで現地調達可能なものばかりなので現地で必要と感じたら購入しましょう。

KマートやABCストアで安く購入できるものばかりです!夜のお買い物タイムのときにでも見てみましょう。

 

ビーチシューズ

ガンビーチに限ったことではありませんがグアムのビーチへ行く際にはサンゴで足を切るなどのトラブルに遭わないためにもビーチシューズは必需品です。
子供には必ず着用させましょう!

ビーチサンダルの代わりにもなるのでかなり重宝します!グアムの海だけでなく帰国した後も持っていると使用する機会がけっこうあります。レンタルもいいのですがレンタル料も安くはないので購入をおすすめします!

 

シュノーケリングセット

タモン湾で遊ぶときには私はとりあえず持っていきます♡シュノーケルセット!

安いものだと水が入るとか、使えないという評価をよく見かけますが私は現地で買えるシュノーケリングセットで十分満足しています♡

 

 

レジャーシート

レジャーシートと言えばこのブルーシートが1番頼りになりますよね?大きめのものを用意して行くと助かります。

 

飲み物

ホテル日航やザ・ビーチがありますがグアムでビーチ遊びをする時は必ず多めに水やジュースを持っていきましょう。冷たいものを飲みたい方は水筒などをスーツケースに忍ばせて旅行にいくとかなり助かります。

 

熱中症対策用品

グアムで行動する際に常に言えることですが、熱中症対策は必ずしましょう!ビーチでは特に注意することがグアムのビーチを満喫するために不可欠です。そのために必要なアイテムを紹介しておきます。

※詳細を見たい方は画像をタッチすれば閲覧できます

帽子

どんなものでもいいので必ず帽子は被っておきましょう。油断していると大変な目にあいます。

 

日焼け止め

焼きたいと思っている方でも日焼け止めの使用をおすすめします!

 

日よけ用バスタオル

南国ビーチでのマストアイテムです!持っていない方はぜひ購入しましょう。日常でもかなり使えますよ♡

etc

他にもありますが各々必要と感じるものを持っていきましょう。

 

グアムのお店

必要な物を現地調達したいときはこちらの記事で紹介しているお店で調達することが出来ます。

 

ガンビーチについての補足情報

ガンビーチについてちょっと気になる情報を載せておきますのでさらっと流し読んでみてください。

ウミガメについて

ガンビーチでウミガメに遭遇できるという話をよく耳にしますが、私の経験ではまだガンビーチにおいてウミガメに会えたことはありません。

ガンビーチはスキューバダイビングの人気スポットになっているようで、ダイバーが海に入って行く入口となっています。

よく聞くガンビーチでのウミガメの遭遇情報はダイビングをしている際の海中の情報なのかもしれませんね!しかしビーチでウミガメに会えたら素敵ですね。

その際は触ったりせずに見守るだけにしましょう♡

 

まとめ

グアム、タモン湾の北端に位置するガンビーチについて紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?

タモン湾のビーチならどこも同じでしょう?なんて思う方も多いと思います。
しかし同じタモンエリアのビーチでもビーチによってかなり違った雰囲気や違った海の特徴があります。

そんな海の違いをじっくり楽しめるのもグアムのビーチの素敵なところであり魅力です!
ぜひグアムタモン湾の北端にあるガンビーチに行って、ガンビーチでしか味わえな雰囲気を感じましょう。
(=^x^=)

〜Link Guam〜

-ビーチ(グアム)

Copyright© いいもの、いい場所を伝えたい。 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.