おすすめ情報(グアム) ビーチ(グアム)

マタパンビーチ!名前の響きが心地よい。グアム・タモン湾の穴場ビーチ

更新日:

マタパン?

このビーチの名前を聞いた時に、

「グアムのマタパンビーチ?」

どこにあるのかなっていうのが最初の印象ではないでしょうか?

他のグアム情報発信サイトよりもちょっとだけ詳しく
「いいもの、いい場所を伝えたい。」

ということで、今回のいいもの、いい場所を伝えたい。では、グアムにあるちょっと響きのいい名前が気になる…

そしていつかイパオビーチパークくらい名前が響き渡るであろうビーチの、

MATAPANG BEACH
(マタパンビーチ)

について紹介していきます!

このような流れでタモン湾の素晴らしいビーチである、マタパンビーチについて紹介していきます。

ぜひグアム旅行に行った際のビーチ選びの参考にしてもらえたら幸いです!

MATAPANG BEACH PARK(マタパンビーチパーク)とは?

タモンエリアの穴場ビーチ!


グアムで何度も連呼したくなる名前のマタパンビーチ。

変わった名前ですがグアムの秘境にあるビーチでもないし、グアムの行きづらい穴場的な場所にあるわけでもありません。

グアムに行ったら誰もが行くタモン湾にあるビーチパークです。

このマタパンビーチはタモン湾のビーチとして有名なイパオビーチパーク、ガンビーチ、タモンビーチと並んで素晴らしいビーチパークとなっています♡

この響きの良い名前のマタパンビーチパークがどの場所にあって、どのような特徴のビーチなのか、詳しく紹介していきます!

では、ビーチの特徴を伝えていくその前に…どうしても気になる「マタパン」の意味を紹介しておきましょう!

「マタパン」の意味

17世紀頃のチャモロ人のマタパンという首長の名前からつけられているようです。

17世紀、日本ではどんな時代だったかというと、江戸幕府が成立したばかりの時代ですね。

そんなことを考えてみるとと300年以上前のグアムはどんな感じだったんだろうか?って気になってきます。

ではこんな気になるマタパンビーチの場所から見ていきましょう!

 

MATAPANG BEACH PARK(マタパンビーチパーク)の場所と地図

グアムで長年人気のホテルとして営業しているホリデーリゾートとフィエスタの間に位置しています。

マタパンビーチはグアムで最もメジャーな場所であるタモン湾にあるパブリックビーチパークです!

マタパンビーチへの行き方

例としてTHE PLAZAからマタパンビーチへの行き方を徒歩、レンタカー、シャトルバスの3パターンを紹介しておきます。

徒歩

THE PLAZAから歩いても約20分で到着します!このマップではホテルロードを歩くコースになっていますが、タモンビーチからマタパンビーチまで海沿いを歩いて行くのがおすすめです♡

シャトルバス+徒歩

ホリデイリゾートホテルの最寄りのバス停で降車しましょう!(カリフォルニア・ピザ・キッチンが目印)

ホリデイリゾートの脇からビーチへと出るか、ホリデイリゾート内を通っていけばすぐそこにマタパンビーチがあります♡

レンタカー

1.まずはホリデイリゾートを目指しましょう。

2.ホリデイリゾートの駐車場には入らずに海の方へと進めばマタパンビーチの駐車場に到着です!

ホリデイリゾートの隣の駐車場に駐車しましょう。

※きれいな場所ですが盗難には十分注意して安全のために車内に物は置かないようにすること!

マタパンビーチ 駐車場 入口

このストリートビューで見てみると、左奥の方へ進んで行けばマタパンビーチの駐車場があります。(右の建物がホリデイ・リゾート)

ホリデイリゾートの入口からマタパンビーチの駐車場へと進んで行くことが出来ます。

マタパンビーチはそんなに人も多くないので平日なら駐車場が満車になることはないでしょう。

アクセスが良く、車も停めやすく私の中のおすすめのビーチとなっています。

では、マタパンビーチの場所が分かったところで次はマタパンビーチの特徴やおすすめのポイントについて見ていきたいと思います。

レンタカーで場所が分からないビーチへ行く時に便利な機能

こちらの記事で紹介している、グーグルマップのオフラインマップの使い方を見てみましょう!

 

マタパンビーチの特徴とおすすめ


マタパンビーチはタモン湾にある他のビーチとどう違うのか?

そんな点を気にしながらマタパンビーチの特徴やおすすめのポイントを見ていただけたらと思います。

人が少なく落ち着いている

タモンビーチやイパオビーチよりも人が少ない印象を受けます。静かに家族や恋人とビーチを楽しみたいという方におすすめのビーチです。

ホテルから近い


マタパンビーチに隣接しているホリデイリゾートグアムやフィエスタといったホテルからのアクセスが抜群にいいです!

特にフィエスタに宿泊するとビーチチェアを使いながら、プールと海の両方を気軽に行き来(所要時間0秒)することができます。

子供連れの旅行者はプールサイドから海で遊ぶ子供を見ることができますので安心して楽しむことが出来ます!

マタパン×ホリデイリゾートorフィエスタがおすすめ

この二つのホテルの詳細はこちらで確認してみてください!値段も安いので私個人としては強くおすすめします。

ホリデイリゾートグアム

フィエスタリゾートグアム

この2つのホテルに宿泊すると以下の点がかなり楽チンで結構ホリデイやフィエスタに滞在するのがクセになります。

・さっとビーチに到着。楽です。
・ささっと海にインすることが可能。これが気持ちいいです。
・時間をかなり有効に使えるようになります
・ビーチへ行くのに荷物いらず。身軽で疲れない!
・遊んだ後はすぐにホテルでシャワー。このあとの行動にプラスに働きます!

この二つのホテル×マタパンビーチなら時間も有効に使えるのでビーチ好きの方にかなりおすすめでしょう。

マタパンビーチはグアムの無料パブリックビーチ


マタパンビーチパークはもちろんパブリックビーチなので利用料はかかりません。

パブリックビーチでも利便性がよく、ホテルからのアクセスも良いのでプールに入ったり海に入ったりと有料のプライベートビーチのような過ごし方ができます。

グアムのおすすめパブリックビーチを紹介

他のパブリックビーチについても紹介していますので参考にしてください。色々なビーチを楽しんで自分の好みのビーチを見つけましょう!

同じグアム島のビーチでもそれぞれ結構違った特徴を感じることが出来ますよ♡

イパオ ビーチパーク
ガンビーチ
リティディアンビーチ

 

ライフセーバーが常駐


マタパンビーチではイパオビーチと同様にライフセーバーが常駐していますので初めてグアムのパブリックビーチに行く方も安心です。

もちろん子供連れの方にもおすすめ!

※遊泳する際はライフセーバーの監視小屋に掲げてあるフラッグの色を確認しましょう。色の説明は分かりやすく書かれています。

 

シュノーケリング情報

マタパンビーチでシュノーケリングをしようと考えている方は多いと思います。

以下にマタパンビーチでのシュノーケリングについておすすめしない点とおすすめする点を載せておきますので参考にしてください。

おすすめしない点(デメリット)

・サンゴが少ないかな~と感じる
タモン湾のシュノーケリングのメッカであるイパオビーチと比べるとサンゴが若干少なく、魚も少なく感じます。

・サンゴの生息地まで少し遠い
珊瑚が生息しているポイントがビーチから少し沖に離れているので満潮時などは子供連れだと大変かもしれません。浮き輪やライフジャケットを必ず利用しましょう!

おすすめする点(メリット)

・シュノーケリングしやすい
タモンビーチなどに比べると人が少ないのでゆっくりとシュノーケリングが楽しめます。タイミングがよければ独占できるかもしれません⁈

・透明度が高い
イパオビーチも透明度の高いビーチですがマタパンビーチも遜色なく透明度の高い海となっています。マタパンビーチが近い方は特にこだわりがないのならイパオに行く必要性はないでしょう。

※どうしてもイパオにも行きたい!って方はマタパンビーチから泳いで行くことも十分できますよ♡

 

マタパンビーチを10倍楽しめるアイテム

それはシュノーケリングセットです!安い物で十分遊べますのでマタパンビーチに行く前に絶対に購入しましょう!!

 

シャワーやトイレ&更衣室について

グアム マタパンビーチ

ビーチでは気になりますよね?

トイレとシャワーのこと。

マタパンビーチについてもチェックしておきましょう!!

トイレ

トイレは有りますがグアムの一般的な公衆トイレのレベルです。

女性の方や綺麗なトイレが良いという方は飲み物を買うついでに、近くのホリデイリゾートやフィエスタのお手洗いを利用するとよいでしょう。

※写真では見えにくいのですが監視小屋の奥に見えるのがトイレになっています。
※ホテルを利用する際はシャツを羽織るなどマナーに気をつけましょう♡

シャワー?

マタパンビーチパークにはシャワーが設置されています。と言っても簡易的なものでしっかりしたシャワーではありません。

軽く体を流したり足に着いた砂を落としたりといった感じに使えるシャワー(水道管?)になります。

更衣室について

マタパンビーチに更衣室の設置はされていません。遊びに行くときはあらかじめ水着に着替えてから行きましょう。

帰りはシャワーで軽く流してから、ある程度自然乾燥をしてから帰るのがおすすめ!

グアムでは晴れていればすぐに乾きます。

 

マタパンビーチの注意する点や気になる点


マタパンビーチの気になるアレコレやマタパンビーチで安全に楽しむための注意点などを載せておきます!

マタパンビーチで遊ぶときの参考になればいいなと思います。

グアム・ズー(Guam Zoo)が隣で営業

グアムに動物園があるのはご存知ですか?

マタパンビーチ隣の不思議な場所には不思議な動物園があります。ぜひ時間がある方は行かれてみるとよいでしょう。

鳥、亀、ねこ科の動物など意外と多くの生き物を見れるかも♡

料金

グアム動物園の値段は以下の通りです!

安いような、高いような。気になる方はぜひチャレンジをしてみましょう。

$6.252〜11才
$1012才〜

 

マタパンビーチのナマコや藻についての注意


タモン湾全体に言えることですがマタパンビーチにもナマコや藻が生息しています。

気になるほどではないと思いますがマタパンビーチのナマコと藻について少し情報を載せておきます。

・ナマコ
マタパンビーチの辺りにはそんなに気になるほどのナマコはいない印象です。踏んでしまった時のナマコのブニュブニュ感が苦手な方は安心して楽しめるのでは⁈

※グアムのナマコは食用には適していません。
※多くのナマコにはサポニンと呼ばれる有毒成分が含まれているようです。あまり気にする必要はないようですがナマコを触ったりした後にひどいアレルギー症状を感じたら病院やライフセーバーに相談してみるのがよいそうです。

・藻(も)
波打ち際に緑色の藻がよく見られますがたまに足にまとわりつくぐらいです。藻の中にかわいい小魚が隠れていたりするので子供に覗かせてみたりするとよいでしょう。

※このタモン湾で見られる藻は触った感触はシャキシャキしていて色鮮やかなもずく⁈って感じです。現地の方がこの藻を釣り針に引っ掛けて、ルアー代わりにして釣りをしているのを見たことがあります。知恵ですよね。

 

マタパンビーチパークについてのまとめ


今回はマタパンビーチについて紹介してきましたがいかがだったでしようか?グアムでのビーチ選びの参考になりましたか?

マタパンビーチについてまとめると。

・タモン湾にあるホテルからのアクセスが大変良い綺麗なビーチパークである。
・有名なタモンビーチやイパオビーチと並んでグアムを代表するビーチ♡
・もちろんシュノーケリングに適している。

このような感じでしょうか!!

グアム旅行中にマタパンビーチに行こうと考えている方はもう一度マタパンについてのポイントについておさらいしておきましょう!

では、グアムに行かれる際はぜひマタパンビーチで最高の時間を過ごしてください!
=^_^=

〜Link Guam〜

-おすすめ情報(グアム), ビーチ(グアム)

Copyright© いいもの、いい場所を伝えたい。 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.